住まいの契約Q&A

初心者も安心! 住まいの契約Q&A

Q.01
お部屋探しは住み替える前のいつ頃がいい?

A.01
自分の暮らす場所なので、直前に探して条件に合う物件がないのはがっかり。2~3ヶ月前に探し始めて、何件か下見をするのがおすすめです。

Q.02
敷金・礼金って何ですか?

A.02
敷金は退去時の修繕費などに充てられ、残金は払い戻される入居保証金。礼金は入居時に貸主に支払うお礼。いずれも家賃の○ヶ月分という単位で、契約時に支払います。物件ごとで何ヶ月分になるかが違い、最近は無料の物件もあります。

Q.03
ムリのない家賃の金額ってありますか?

A.03
新しくて広いお部屋ほど家賃が高いもの。一般的には手取月収の3分の1がよいとされています。この家賃設定の中で希望に最も近い物件を探すのがおすすめです。

Q.04
アパートとマンションの違いは何ですか?

A.04
一般に、アパートが木造か鉄骨造の建物で、マンションは鉄筋コンクリート造。コンクリートは、隣室や上下階への防音性が優れ、気密性が高いといわれています。

Q.05
お部屋の退去での注意点は?

A.05
借主が退去の際は、設備の経年変化を除き、物件を入居時の状態で返還するという、原状回復の義務があります。
勝手な改修はやめましょう。敷金の返還は、退去時に貸主か不動産会社がお部屋をチェックして取り決めるのでなるべくキレイに。返還の方法はその時確認しましょう。

また貸主への退去の申し出は、事前に何ヶ月前までに、ということが契約書に載っています。申し出が遅れた場合は、この期間に満たない家賃を支払うことに。

賃貸契約の流れはこちらをクリック

Q.01
新築住宅と中古住宅はどっちがお得?

A.01
新築と中古は単純に金額だけの問題では比較できません。中古住宅は、築年数やメンテナンスの有無によって建物が傷んでいることもありますが、リフォームで直る部分もあり、立地条件の選択肢が多くすぐ住めるのがメリット。新築住宅は、建売では立地が選べませんし、注文住宅なら土地探しを行い(場所によって地盤改良も必要)建物完成まで待たされますが、新築は技術向上で年々住み心地がよくなっています。このような条件でお客様が後悔しないと思うものが結局お得になります。

Q.02
物件を早く買わないと他の人にとられませんか?

A.02
候補の物件が商談中になった場合はお伝えします。それよりも、雰囲気に流されやすかったり衝動買いをよくする方は絶対に焦らず、建物以外に周辺施設をチェックしてみたり、もう1~2件回るなどして、本当に決めてよいのか再度お考えを。一生ものの大きな買物ですから。

Q.03
資金計画の相談はできますか?

A.03
もちろんです。住宅ローン事情は変動しやすいため、資金計画からスタートするのも一つの手段です。
経験豊富な大幸建商までお気軽にご相談ください。

物件ご購入の流れはこちらをクリック

Copyright© TAIKOKENSHO CO,.LTD All Rights Reserved.